TOPICS

トピックス・法律情報

渡邉雅之弁護士が、平成25年6月10日(月)午後1時30分より、一般社団法人金融財政事情研究会の金融法務懇話会において、『改正犯収法・反社対応の現状と課題』と題する講演を行います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年6月10日(月)午後1時30分より、一般社団法人金融財政事情研究会の金融法務懇話会において、『改正犯収法・反社対応の現状と課題』と題する講演を行います。
http://www.kinzai.or.jp/seminar/detail/158

参加のおすすめ

 公共の財産でもある金融インフラを犯罪等に利用させないようにすることは、いまや金融機関に求められる社会的使命の1つになりました。
 改正犯罪収益移転防止法が本年4月に全面施行され、金融機関では、改正法や当局ガイドラインを踏まえた取引時確認の実施や属性等を踏まえた疑わしい取引の該当性判断、体制整備など、マネーローンダリング・テロ資金供与の防止の強化を図っています。その一方、施行後2カ月が経ち、どの程度まで取り組めば良いのかなど、本部・営業店のみなさまが抱える疑問・課題は少なくないと思われます。
 また、反社会的勢力への対応については、融資取引の解除などの課題のほか、平成24事務年度の検査基本方針における「検査重点事項」の1つともされており、直近の『金融検査結果事例集(平成24検査事務年度前期版)』でも、多数の指摘事例が挙げられています。

_
 本特別セミナーは、弊会主催「金融法務懇話会」の第285回定例会を拡大して開催するものです。
 当日は、金融法務に通暁した法律家と、実務に精通した金融機関の法務・コンプライアンス担当者をお招きし、改正犯収法と反社対応に関する自らの問題意識やお考え、所属機関での取り組み等をご披露いただくとともに、ご参加者からの質問等も広く受け付け、真に実効ある対応策を講じていくにはどのようにすれば良いのかを、ともに考えていきたいと思います。

_

申込用紙のダウンロードはこちら

スケジュール

2013年6月10日(月)

  13:30〜14:00

第1部 講演・問題提起
改正犯収法・反社対応の最前線

改正犯収法対応の体制整備の再点検・予想される更なる改正

金融検査結果事例集に見る反社対応の重要問題

改正犯収法対応と反社対応の共通性について

弁護士法人三宅法律事務所
弁護士 渡邉雅之 氏

  14:10〜16:00

第2部 パネルディスカッション
改正犯収法・反社対応の現状と課題

取引時確認に関する疑問と課題

疑わしい取引の届出に関する疑問と課題

反社会的勢力への対応に関する疑問と課題

金融機能の不正利用防止に向けて

【コーディネーター】
ブレークモア法律事務所
弁護士 行方洋一 氏

【パネリスト(50音順)】
埼玉縣信用金庫 コンプライアンス統括部
上席専任役 岡野正明 氏

静岡中央銀行
常務取締役 両部美勝 氏

弁護士法人三宅法律事務所
弁護士 渡邉雅之 氏

  16:00〜16:30

会場からのご発言、質疑・応答
※パネルディスカッション中も適宜、受け付けます。

渡邉雅之弁護士が、平成25年6月4日(火)午前10時30分より、金融財務研究会において『事例でわかるインサイダー取引規制と 平成25年改正に基づく情報管理体制の整備』と題する講演を行います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年6月4日(火)午前10時30分より、金融財務研究会において『事例でわかるインサイダー取引規制と 平成25年改正に基づく情報管理体制の整備』と題する講演を行います。
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/251020.html

本年6月11日(火)午後5時より、日本外国特派員協会において、事務所セミナー(『インドネシア投資支援セミナー』)を開催いたします。

本年6月11日(火)午後5時より、日本外国特派員協会において、事務所セミナー(「インドネシア投資支援セミナー」)を開催いたします。

インドネシア弁護士によるインドネシア法の公開セミナーです。
広くご参加くださいますようお願い申し上げます。
講演は英語(日本語の翻訳付)及び日本語で行います。
———————————————————————————————————————————
日時: ___平成25年6月11日(火)午後5時00分〜午後7時00分
場所: __日本外国特派員協会(別添の地図をご覧ください)
参加料:_ 無料
申込方法: 裏面の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申込みください。
共催:弁護士法人三宅法律事務所・Budidjaja & Associates
Budidjaja & Associates(B&A)は、インドネシアの独立系の総合法律事務所です。B&A は、インドネシア現地において高い評価を得ており、また、合弁会社及びM&Aに関して、デューディリジェンス、交渉、書面の作成、契約の締結、ストラクチャーの組成を含め、インドネシア国内及び国外の顧客に対して幅広くリーガルサービスを提供しております。近時では、Finance Monthly Global Awards (2013) において、Law firm of the year in Indonesia for Commercial Arbitrationを受賞し、また、Asia Pacific Legal 500において、Recommended Firm for Corporate /M&A にランクされております。
———————————————————————————————————————————
_
プログラム
5:00 – 開会の辞
5:05 – インドネシアビジネスの魅力: 日本から見た視点(渡邉雅之:弁護士法人三宅法律事務所パートナー弁護士)
– インドネシア投資の魅力
– インドネシア投資をするにあたって日本の投資家が知っておくべき法律・税務・会計
5:45 – インドネシアでのビジネス: 外国投資の重要論点(ジュニ・ダニ(Juni Dani):Budidjaja & Associatesパートナー弁護士) (英語)
– 外国投資企業(PMA)の設立
– 投資関連の法規制及び申請方法
– 労働法上の留意点
– その他の関連する留意点
6:45 _質疑応答(Indonesia Investment Promotion Centre (IIPC)東京代表もご質問に回答いたします。)
700 _終了
_
※同一会場(日本外国特派員協会)において、セミナー終了後に立食パーティーを開催いたしますので、こちらも是非ご参加ください。
※ 恐れ入りますが、企業内弁護士を除く弁護士、マスコミの方、学生の方のご参加はご遠慮ください。
※ お申し込み多数により、ご希望に添えない場合もございます。
※ ご記入いただく個人情報につきましては、通常連絡・セミナー運営管理のみに利用させていただきます。詳細は弊事務所ホームページ(https://www.miyake.gr.jp/)記載の「プライバシーポリシー」をお読みください。

平成25年5月20日(東京)・24日(大阪)に、事務所セミナー(「民法(債権関係)改正 中間試案の概要と実務への影響」)を開催いたします。

平成25年5月20日(東京)・24日(大阪)に、事務所セミナー(「民法(債権関係)改正 中間試案の概要と実務への影響」)を開催いたします。
20日は東京大学 道垣内弘人先生、24日は京都大学 松岡久和先生に講師をご担当いただきます。詳細については添付のとおりです。
お席に若干の余裕がありますので、参加を希望される方は、5月17日までにFAX(添付文書)にてお申込みください。
 ※ 恐れ入りますが、企業内弁護士を除く弁護士、マスコミの方、学生の方のご参加はご遠慮ください。
 ※ お申込み多数により、ご希望に添えない場合もございます。
 ※ 開催日時・場所・内容につきましては、やむを得ない事情により一部変更になる場合がございます。
 ※ 会場内での録音・撮影はご遠慮願います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月17日(金)午後1時30分より、金融ファクシミリ新聞社セミナーにおいて、『アームズ・レングスルールなど銀証ファイアーウォール規制に係わる実務』と題する講演を行います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月17日(金)午後1時30分より、金融ファクシミリ新聞社セミナーにおいて、『アームズ・レングスルールなど銀証ファイアーウォール規制に係わる実務』と題する講演を行います。
http://www.fng-net.co.jp/seminar/smn2120.html
開催日 平成25年5月17日(金)

開催時間 午後1時30分〜4時30分

受講料 1人目29,820円

    2人目から27,720円

 (それぞれ税込み)

講演項目

1.銀証ファイアーウォール規制の実務上の運用

(1)「非公開情報」の意義

 �@業府令1条4項12号前段・後段の意義

 �A「特別の情報」の意義(有用性)

 �B顧客リストは「非公開情報」にどの範囲で該当するか。

 �C公開措置の方法(インサイダー取引と同じか?)

 �D出し手理論・M&A取引における非公開情報の範囲

 (親会社のみか、相手方にとっても非公開情報か)

 �E海外顧客情報の該当性

(2)うっかり情報提供・受領への対応

(3)潜脱と見られる事例(海外子会社を通じた情報提供)

(4)オプトアウトの普及具合・問題点

(5)営業部門の兼職の現状

(6)今後求められる更なる規制緩和

2.アームズ・レングスルールの実務上の運用

(1)監督指針改正に伴う影響

(2)実務上留意すべき問題点

3.平成25年銀行法改正

(1)5%ルールの緩和

(2)外国銀行代理業務規制の緩和

(3)外国銀行支店に関する規制のあり方の変更 など

4.質疑応答

_

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月16日(木)午後6時より、損保総研において、『債権法改正と保険約款』と題する講演を行います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月16日(木)午後6時より、損保総研において、『債権法改正と保険約款』と題する講演を行います。
http://www.sonposoken.or.jp/content/view/full/4789

講義項目

 1.民法(債権関係)改正の経緯、中間論点整理の全体の概要

 2.約款規制(組入要件、不意打ち条項、不当条項、約款の変更)の損害保険約款への影響

 3.中間論点整理に基づくデフォルトルールと損害保険約款の標準規定の乖離

 4.中間利息の控除、消費貸借契約、役務提供契約などその他押さえておくべき重要論点

 5.質疑応答  

 

参 加 費
 
 ¥7,200(税、レジュメ代込)
 
 

講師紹介  渡邉 雅之 氏    弁護士法人 三宅法律事務所 弁護士

 略 歴

   東京大学卒。第二東京弁護士会、司法制度調査委員会民法改正部会。

 委員関連論稿

  『約款規定の新設と不当条項規制について(特集:債権法改正「契約」の変更点)』

     (ビジネス法務2011年1月号)

  『民法(債権関係)改正における不実表示の一般法化の提案と保険契約への適用について』

     生命保険論集No.173(2010年12月号)

  「民法改正が暴力団排除条項に与える影響」

     銀行法務21 733号(2011年8月号)

  「民法(債権関係)改正の中間論点整理に対する生保協・損保協の意見書の概要」(共著)

     金融法務事情1932号(2011年10月25日号)等

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月16日(木)午前10時30分より、金融財務研究会において、『学校法人・医療法人の基礎知識からM&Aに関する税務まで』と題する講演を行います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月16日(木)午前10時30分より、金融財務研究会において、『学校法人・医療法人の基礎知識からM&Aに関する税務まで』と題する講演を行います。
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/250889.html

1.日時: 平成25年5月16日(木)午前10時30分〜12時00分
2.会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
3.受講費: 15,000円(消費税、参考資料を含む)
4.講演項目

1. 学校法人
(1) 近時の私立学校を取り巻く現状、学校法人の組織再編事例、
学校法人のM&Aのメリット
(2) 学校法人の法的性格(法人性・公益性・財団性)
(3) 学校法人の管理機関(理事会・理事長・理事・評議委員会等)
(4) 学校法人の会計・税務の基礎
(5) 学校法人の管理運営等に関する自己点検リスト
(6) 学校法人のM&Aの形態(新設合併・吸収合併・
設置者変更・理事の変更)とその利用局面・手続
(7) 理事長・理事の退職慰労金の限度(金融機関の報酬源)
(8) 学校法人の株式保有
(9) 学校法人の借り入れと担保について
(10) 学校法人の事業再生

2. 医療法人
(1) 医療法に基づく医療機関の分類その他医療制度の基礎知識
(2) 医療法人制度(社団医療法人・財団医療法人)
(3) 医療法人の現状・M&A増加の背景
(4) 第5次医療法改正のポイント
(5) 社団医療法人の運営機関
(6) 医療法人の社員資格と権限(社員持分の有無)
(7) 医療法人が営むことができる業務
(8) 医療法人の会計・税務の基礎
(9) 医療法人のM&Aの形態(社員・理事の変更・持分の取得・
事業譲渡・合併)
(10) 営利法人の医療経営参入・医療法人による株式保有
(11) 医療法人の事業再生

3. その他(質疑応答を含む)

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月14日(火)午後2時より、金融財務研究会において、『事例でわかるインサイダー取引規制と 平成25年改正に基づく情報管理体制の整備』と題する講演を行います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月14日(火)午後2時より、金融財務研究会において、『事例でわかるインサイダー取引規制と 平成25年改正に基づく情報管理体制の整備』と題する講演を行います。
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/250875.html

1.日時: 平成25年5月14日(火)午後2時〜午後5時
2.会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
3.受講費: 34,400円(お二人目から29,000円)(消費税、参考資料を含む)
4.講演項目

1 インサイダー取引規制の概要・社内研修に有効な
事例問題
(1)「会社関係者等」「第一次情報受領者」の範囲
(2)「重要事実」:「決定事実」「発生事実」「決算事実」の
効果的な理解
(3)「公表」の意義
(4) 適用除外の範囲と解釈
(5) 罰則・課徴金

2 平成25年法改正法案の解説
(1) 改正の背景となった事案の分析
(増資インサイダー事件を中心として)
(2) 情報伝達・取引推奨行為に対する規制
(3)「他人の計算」による違反行為に対する課徴金の見直し
(4) 公開買付者等関係者の範囲の拡大
(5) 公開買付け等事実の情報受領者に係る適用除外
(6) いわゆるクロクロ取引に係る適用除外
(7) いわゆる知る前契約・計画に係る適用除外
(8) 平成24年改正の内容も解説

3 インサイダー取引の未然防止体制・情報管理体制
(金融機関と上場会社に求められる体制をそれぞれ解説)
(1) インサイダー取引の未然防止違反が問題となった事例の分析
(2) 増資インサイダーが問題となった事例の分析
(3) 未然防止体制構築におけるポイント・留意点
(4) 情報管理体制の構築のポイント・留意点
(決算情報や決定事実の管理、バスケット条項該当性への
留意点、金融機関の法人関係情報の管理・FW規制の遵守等
との関係の整理)
(5) 役職員への教育・訓練のポイント
(6) 法人関係情報の管理体制
(証券会社と銀行における管理の違い)
(7) インサイダー取引違反が生じた場合の対応 第三者委員会

〜質疑応答〜

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月10日(金)午前10時30分より、金融財務研究会において、『結論から分かる民法改正の中間試案の重要論点』と題する講演を行います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月10日(金)午前10時30分より、金融財務研究会において、『結論から分かる民法改正の中間試案の重要論点』と題する講演を行います。

http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/250850.html

1.日時: 平成25年5月9日(木)午前10時30分〜12時00分
2.会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
3.受講費: 15,000円(消費税、参考資料を含む)

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月9日(木)午前10時30分より、金融財務研究会において、『再エネ特措法に基づく取引を巡る契約書実務・業法上の手当て』と題する講演を行います。

渡邉雅之弁護士が、平成25年5月9日(木)午前10時30分より、金融財務研究会において、『再エネ特措法に基づく取引を巡る契約書実務・業法上の手当て _〜賃貸借契約期間・電気主任技術者の外部委託など実務上の ツボについて解説』と題する講演を行います。
http://www.kinyu.co.jp/cgi-bin/seminar/250840.html

1.日時: 平成25年5月9日(木)午前10時30分〜12時00分
2.会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
3.受講費: 16,500円(消費税、参考資料を含む)
提供図書:渡邉講師共著の新刊「再エネ法入門」きんざい 2013年3月 �1,890-(税込)
4.講演項目
1 再エネ特措法の諸論点の解説
(1) 調達価格・調達期間の考え方、適用時点  
(2) 特定契約・接続契約の拒否事由
(3) 設備認定をめぐる問題
(4) 平成25年度の調達価格の考え方・変更認定による調達
価格の適用について

2 電力会社の電力受給契約要綱と経済産業省の
モデル契約書
(1) 電力会社の電力受給契約要綱の締結手続・問題点
a. 契約期間_
b. 契約変更権
c. 売電債権の譲渡・契約上の地位の譲渡 等
(2) モデル契約書の各条文の解説、修正・追加すべき条項
(3) 契約要綱についての解説書・改訂等の方向性
(4) 契約要綱とモデル契約書のどちらで契約を求めるべきか。
電力会社の対応
(5) モデル契約書によって契約を締結した例

3 太陽光発電をめぐる諸検討
(1) 必要となる許認可
(電気事業法、農地法、都市計画法、工場立地法、建築基準法 等)
(2) 関連契約
(ローン契約、EPC契約、O&M契約、各種担保契約、損害保険 等)
(3) 各種スキームと法的論点(匿名組合スキーム、信託スキーム 等)、不動産特定共同事業法の適用の有無
(4) 屋根置き発電について問題となった判例と実務対応
(5) 電力会社について更生手続が開始した場合_
(6) 関連税務

4 その他の再生可能エネルギー事業(風力、地熱、
中小水力、バイオマス)について必要となる許認可・課題
(インドネシアにおける地熱開発の実例を踏まえて)

ACCESS 所在地
弁護士法人 三宅法律事務所  MIYAKE & PARTNERS

大阪事務所 OSAKA OFFICE

〒541-0042
大阪市中央区今橋3丁目3番13号
ニッセイ淀屋橋イースト16階
FAX
06-6202-5089

東京事務所 TOKYO OFFICE

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目7番1号
有楽町電気ビルヂング北館9階
FAX
03-5288-1025