TOPICS

トピックス・法律情報

大阪事務所でのサマークラークの募集を開始しました。

2024/05/31
大阪事務所でのサマークラークの募集を開始しました。
詳細はリクルートページの募集要項をご覧ください。
https://www.miyake.gr.jp/careers/application/ …

銀行実務2024年5月号に渡邉雅之弁護士が執筆した『FATF第五次対日審査を想定したマネロン対応とマネロンガイドラインFAQの改訂』が掲載されました。

銀行実務2024年5月号に渡邉雅之弁護士が執筆した『FATF第五次対日審査を想定したマネロン対応とマネロンガイドラインFAQの改訂』が掲載されました。

東京事務所でのサマークラークの募集を開始しました。

2024/05/02
東京事務所でのサマークラークの募集を開始しました。
詳細は下記をご覧下さい。 https://www.miyake.gr.jp/careers/application/tokyo/summer_clerk/ …

パートナー就任のお知らせ

2024/05/01
2024年5月1日付けで、有竹雄亮弁護士がパートナーに就任いたしました。 …

渡邉雅之弁護士が2024年5月16日(木)に金融財務研究会において『銀証ファイアーウォール規制について改めて学ぶ〜これまでの改正や規制緩和、金融庁のQ&A、専門家の書籍・諸論稿の総まとめ〜』と題するセミナーを開催します。

渡邉雅之弁護士が2024年5月16日(木)に金融財務研究会において『銀証ファイアーウォール規制について改めて学ぶ〜これまでの改正や規制緩和、金融庁のQ&A、専門家の書籍・諸論稿の総まとめ〜』と題するセミナーを開催します。 【LIVE配信(Zoom)】【後日配信】
銀証ファイアーウォール規制について改めて学ぶ
〜これまでの改正や規制緩和、金融庁のQ&A、専門家の書…

渡邉雅之弁護士が2024年5月10日(金)に金融財務研究会において『マネロン・テロ資金供与・拡散金融対策・最前線〜2024年3月末の対応期限後のFATF第5次相互審査に向けた対応、外為遵守ガイドライン・拡散金融リスク評価書〜』と題するセミナーを開催します。

渡邉雅之弁護士が2024年5月10日(金)に金融財務研究会において『マネロン・テロ資金供与・拡散金融対策・最前線〜2024年3月末の対応期限後のFATF第5次相互審査に向けた対応、外為遵守ガイドライン・拡散金融リスク評価書〜』と題するセミナーを開催します。 【LIVE配信(Zoom)】【後日配信】
マネロン・テロ資金供与・拡散金融対策・最前線
〜2024年3月末の対応期限後のF…

渡邉雅之弁護士が2024年5月8日(水)に金融財務研究会において『個人情報保護法・最前線 〜最新の実務対応と今後の改正の方向性〜』と題するセミナーを開催します。

渡邉雅之弁護士が2024年5月8日(水)に金融財務研究会において『個人情報保護法・最前線 〜最新の実務対応と今後の改正の方向性〜』と題するセミナーを開催します。 【LIVE配信(Zoom)】【後日配信】
個人情報保護法・最前線
〜最新の実務対応と今後の改正の方向性〜
開催日時 2024年5月8日 (水) 13:30〜16:30
講師 渡邉雅之(弁護士法人三宅法律事務…

近代セールス(近代セールス社)2024年5月1日号に渡邉雅之弁護士の執筆した『FATF第5次審査に向けた営業店でのマネロン対策 継続的顧客管理の要件の見直し①』が掲載されました。

近代セールス(近代セールス社)2024年5月1日号に渡邉雅之弁護士の執筆した『FATF第5次審査に向けた営業店でのマネロン対策 継続的顧客管理の要件の見直し①』が掲載されました。

Navigation of Inheritance law in Japan

2024/04/16
(執筆者:弁護士 福田泰親) If you get involved in Japanese inheritance, it can be complicated due to unique its legal system and the language barrier. To receive a fair result, you need to work with an experi…

猿木秀和弁護士が執筆した「企業実務・判例Review 《検討判例》国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター事件(東京地裁立川支部 令5.2.1判決労判1301号31頁)~特殊業務手当の廃止を含む給与規程の変更が合理的(労契法10条)なもので有効と判断された事例~」が労働判例2024年4月15日号No.1303(産労総合研究所)に掲載されました。

猿木秀和弁護士が執筆した「企業実務・判例Review 《検討判例》国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター事件(東京地裁立川支部 令5.2.1判決労判1301号31頁)~特殊業務手当の廃止を含む給与規程の変更が合理的(労契法10条)なもので有効と判断された事例~」が労働判例2024年4月15日号No.1303(産労総合研究所)に掲載されました。 …
ACCESS 所在地
弁護士法人 三宅法律事務所  MIYAKE & PARTNERS

大阪事務所 OSAKA OFFICE

〒541-0042
大阪市中央区今橋3丁目3番13号
ニッセイ淀屋橋イースト16階
FAX
06-6202-5089

東京事務所 TOKYO OFFICE

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目7番1号
有楽町電気ビルヂング北館9階
FAX
03-5288-1025