トピックス

2020.12.26
NEWS

GDPR:(翻訳・暫定版)標準契約条項(Standard Contractual Clauses)

【2021年7月13日更新】
欧州委員会(European Commission)が2021年6月7日に公布した決定に含まれるGDPR(General Data Protection Regulation:EU一般データ規則)に基づく新たな「標準契約条項」(Standard Contractual Clauses)の仮訳を作成いたしましたので掲載いたします。併せて、欧州委員会が2020年11月20日に公表したパブリックコメント案からの変更点を修正履歴付きで示したバージョンも示したものです。
※翻訳内容に責任は持ちませんが自由にご利用いただいて結構です。
仮訳:標準契約条項(2021年6月7日公布版)
仮訳:標準契約条項(2020年11月20日のパブコメ版から2021年6月7日官報公布版への修正履歴付)

「標準契約条項」に係る決定は官報掲載日(2021年6月7日)から20日後の2021年6月27日に施行されました。
 EUデータ保護指令に基づく標準契約条項に係る決定2001/497/EC(管理者から管理者向け標準契約条項)及び決定2010/87/EU(管理者から処理者向けの標準契約条項)はいずれも2021年9月27日に廃止されます。
 ただし、これらの旧標準契約条項に基づいて2021年9月27日以前に締結された契約は、処理の内容が変更されず、移転に関する適切な保護措置が確保されている場合には2022年12月27日までは有効な契約とみなされます。
 いずれにせよ、EU加盟国からの越境データ移転に標準契約条項を適用している事業者は、2022年12月27日までに新たな標準契約条項に基づく契約を締結する必要があります。

下記も併せてご覧ください。
動画解説:GDPRの新しい標準契約条項(SCC)と改正個人情報保護法における外国第三者への個人データの提供~LINE問題なども踏まえて
解説資料:GDPRの新しい標準契約条項(SCC)と改正個人情報保護法における外国第三者への個人データの提供~LINE問題なども踏まえて


欧州委員会(European Commission)が2020年11月20日に公表したGDPR(EU一般データ保護規則)に基づく新たな標準契約条項(Standard Contractual Clauses)のドラフトを翻訳(暫定版)いたしました。
英語のStandard Contractual Clausesのドラフトについては、欧州委員会のウェブサイトをご覧ください(このページのAnnex - Ares(2020)6654686の中にドラフトがあります。)。
執筆者:渡邉雅之
*本翻訳に関するご相談などがありましたら、下記にご連絡ください。
弁護士法人三宅法律事務所
弁護士渡邉雅之
TEL 03-5288-1021
FAX 03-5288-1025
Email m-watanabe@miyake.gr.jp
 

欧州委員会(European Commission)が2020年11月20日に公表したGDPR(EU一般データ保護規則)に基づく新たな標準契約条項(Standard Contractual Clauses)のドラフトを翻訳(暫定版)いたしました。

翻訳(暫定版):標準契約条項

英語のStandard Contractual Clausesのドラフトについては、欧州委員会のウェブサイトをご覧ください(このページのAnnex - Ares(2020)6654686の中にドラフトがあります。)。

欧州データ保護委員会(EDPB)が2020年11月10日に公表したRecommendations 01/2020 on measures that supplement transfer tools to ensure compliance with the EU level of protection of personal dataも合わせてご覧ください。

新たな標準契約条項は、EUと米国との間の個人データの移転に関する枠組みであったPrivacy Shieldを無効とした2020 年7月 23 日の欧州連合司法裁判所の判決において示された考え方を導入したものです。EDPBの同判決に関するFAQを翻訳したものを下記に掲載しております。

【GDPR】Privacy Shield を無効とする欧州司法裁判所の決定に関するFAQ